東京周辺の方に口コミで評判!同窓会幹事代行サービス業者5選を運営依頼をおすすめしたい順に比較形式でご紹介!

同窓会幹事代行業者に依頼するとできる専用サイトとは?

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/09/27

同窓会を開催するにあたり、幹事代行を依頼することにより、参加者に連絡を取ることが必要になります。プロだから、連絡は滞りなくおこなえるのでしょうが、幹事への不信感をなくすために利用できる専用サイトとはどんな内容なのでしょうか。

依頼することが条件となるサービス

多くの人が情報を得るのにスマホやタブレット端末を使うことがあり、同窓会幹事代行業者に依頼することと同時に、専用サイトまで利用することができるといいます。専用サイトにて同窓生の存在を明らかにしたり、開催するまでのスケジュールを見ることもできるようです。

どちらかといえば、クラス会などの少人数での開催向けというよりも、数百人という大規模での同窓会向けという内容のようですが、柔軟に対応してくれるのならば助かるはずです。

今や、こんなサービスがあるのかと、驚く付加価値が提案されています。専用サイトの存在は、同窓生とコミュニケーションを取れるツールです。例えば、同窓会の案内状が届いたとして、幹事の名前は知っているけれど、顔はうろ覚えという人や、自分以外の参加者を把握したい人もいるのではないでしょうか。

せっかく案内状が届いても、顔が見えない、内容も不明確ならば、ときとして参加をためらってしまうこともないとはいえません。幹事代行あるいは同窓会プロデュースの代行を依頼することを条件に、専用サイトを使用すれば、こうした問題点を解決できます。加えて、同窓生の出席率をアップさせることさえ不可能ではありません。

限定されたコミュニティの場となる

とある同窓会幹事代行業者に依頼すると、案内状が届いた同窓生以外アクセスできない、こうしたプライベートなコミュニティサイトを閲覧することができるといいます。ここでは、出席者の確認や掲示板への投稿、写真の共有などができるようです。

約4ヶ月前からプランナーとの打ち合わせをおこない、専用サイトの制作を同時期に始めるのですが、案内の宛先不明者の洗い出しであったり、出席率向上に向けた盛り上げにも活用されています。

案内状が届いた同窓生が掲示板へ投稿することもでき、その内容も、宛先不明だった人の所在内容というパターンもあるようです。同窓生しかアクセスできないクローズドサイト、この提供によって交流の幅はグッと広がるようです。もちろん、幹事の顔写真を掲載することも可能です。

情報交換の場としても使えるサイト

ちなみに、同窓会幹事代行業者に依頼するとできることに、ホームページの制作をしてくれるケースがあります。転居先が不明な人を誘いたいときに、いくつかの方法を提案してももらえます。

今や、ネットサーフィンも当たり前のようにおこなわれており、誰かが興味を持って検索したときにヒットしやすく制作してくれます。地域や学校名、何年度卒業などの検索ワードでヒットするため、参加をうながす意味で活用できるのではないでしょうか。

情報を入力できるシステムにより、情報が幹事に伝わり、案内を送って返事を待つことができます。また、定期的に会って飲み会をしたり、転居していてもその都度連絡をもらえる専用ページやサイトの案内があれば、長きにわたり交流を続けることができるのではないでしょうか。

また、SNSに自分の情報を登録している人は多いようです。インターネットサービスとしても確立しており、名前や出身地や出身校などを表示している人さえいます。こうしたサービスも駆使した専用サイトを利用させてくれるため、依頼する価値はラクをするだけでない情報交換、交流という内容にもおよぶのではないでしょうか。

 

同窓会幹事代行業者に依頼するとできることは、案内状を送ったり、当日の司会や裏方を任せることもできます。サービスとして、専用サイトを設けている代行業者もあります。その内容は、多くの同窓生を集めるためのコミュニティサイトになっていて、幹事の素性を知ることまでができます。

また、掲示板に投稿できるため、問題を同窓生で解決することまでができます。ただ単に、幹事代行を担うだけではなく、その後の同窓生のつき合いにまで関わるサービスです。

サイト内検索
記事一覧