東京周辺の方に口コミで評判!同窓会幹事代行サービス業者5選を運営依頼をおすすめしたい順に比較形式でご紹介!

未成年もいる同窓会でお酒の提供が不安!そんな時はプロの代行業者に相談がおすすめ!

公開日:2020/01/01  最終更新日:2019/12/23

同窓会といっても同じ年の人たちだけの集まりばかりとは限らず、幅広い年齢層の人たちが集まって行うことがあります。年齢層の広いつながりで集まると、中には未成年の人がいるという場合もあるでしょう。つい飲んでしまったといったことになったらどうしようという不安も、プロの幹事代行業者に頼むことで解決できます。

幅広い年齢層に見合った会場を厳選してくれる

幹事代行業者に同窓会の手配を依頼することのメリットに、同窓会で集まる人数や年齢層などから最適な会場を提案してもらえることが挙げられます。個人で調べるとどうしても細部まで知ることは難しく、それに探すための時間と手間がかなりかかります。

しかし、すでにこれらの情報を細部にわたって知っている業者なら、条件を伝えるだけで最適と思われる会場をピックアップしてくれます。 参加者の中に未成年がいるとなれば、周囲の人達が未成年者にお酒を勧めることのないよう、ソフトドリンクが充実した店を探してくれるでしょう。

最近はノンアルコールビールやノンアルコールカクテルなど、はたから見るとまるでお酒を飲んでいるかのように見えるお酒に似たドリンクを提供してくれる店が増えています。従って、こうしたお店を選んでもらえばカクテルを飲んでいるように見えて、酒飲みの仲間達からお酒を勧められて未成年なのに飲酒してしまうといった事態を避けることができます。

席割を考えてもらうことで飲酒を回避

飲める人達が未成年にお酒を勧めないだろうかというのは、幹事を任された人にとっては心配の種ですが、参加者の中にはもともと飲めなかったり少し飲んだだけで真っ赤になってしまったりするという体質の人もいます。体質的に受け付けない人がお酒好きと同じテーブルになってしまうと、どうしても勧められてしまいがちです。

未成年に飲ませるのと同じく、飲めない人に飲ませかねない状況を作ってしまうことのないよう、あらかじめ強いか弱いかを調べておき、飲めない人達と未成年者を組み合わせる座席表を作ってもらうのがよいでしょう。

幹事代行業者に依頼すると案内状作りから座席割までを行ってくれるため、どのくらい飲めるかどうかの確認もお願いしておくと、参加、不参加の連絡から上手に座席割を行ってくれます。飲めない人なら未成年者が同じテーブルになれば、酒好きからの無理な勧めもなく、ノンアルコールドリンクやソフトドリンクで大いに楽しめるはずです。

お酒を勧められない環境の会場にしてもらう

居酒屋を会場に選ぶと、どうしてもお酒を自分達で注いで飲むスタイルになりがちですので、会場をホテルや式場などのワンランク上に設定してもらうのもよいでしょう。宴会場を貸し切れるほどの人数であれば、飲み物のサービスはすべてホテルスタッフが行ってくれます。

未成年者とお酒を飲む人が同じテーブルに着いたとしても、自分の飲み物は自分でスタッフに頼むことになるので、未成年者に飲むように勧めることがそもそもできなくなります。 ホテルではソフトドリンクはもちろん、ノンアルコールドリンクも豊富にそろっていますので、参加者それぞれが自分の好みで飲み物をオーダーして楽しむことができます。

わいわいと騒いで飲めない人や飲んではいけない人に無理に勧めるという雰囲気にならないホテル会場は、未成年者が参加する場合の場所としては最適です。大人数だけでなく、十数人といった集まりに対応してくれるところも多数ありますので、そこは業者に相談するのがよいでしょう。

 

同窓会をより一層楽しくさせる要素にお酒があるのは確かです。しかし、もしも参加者に未成年がいるとしたら、気が緩んで飲ませてしまったり、本人も少しならと飲んでしまったりすることがあるかもしれないとなると、幹事としては不安です。そんな不安を解消してもらうためにも、幹事代行業者は大変頼りになります。

サイト内検索
記事一覧