東京周辺の方に口コミで評判!同窓会幹事代行サービス業者5選を運営依頼をおすすめしたい順に比較形式でご紹介!

転居先不明者が多くても同窓会幹事代行業者に依頼すれば探してもらえる?

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/05/24

同窓会で頭を悩ませるのが転居先不明者です。案内状を送付しても宛先不明で戻ってきてしまう、ということがあります。

転居先不明者は案内を出すこともできませんし、通知をすることも難しいです。

追跡をするともなると時間も手間もかかってしまいます。

そんな場合でも幹事代行をおこなっている専門業者に任せると追跡までおこなってくれます。

 

転居先不明者の追跡を依頼する

 

同窓会を開催するとなったら、案内状を出して送付をしなければいけません。しかし子どもの頃からずっと同じところに住んでいるわけではないので、転居をしてしまうとどこに送付をしたらいいのかわかりませんし、送付をしても転送をしてくれるとは限りません。

転居先を追跡することもできますが、かなりの労力を使ってしまいます。数人であれば対応をすることもできるかもしれませんが、どれくらいの人が転居先不明者になっているのかもわかりません。

そんなときは、幹事代行の専門業者に相談をしてみるとよいでしょう。転居先不明者を追跡して、案内状を送付してくれるところもあります。

もちろんすべての業者で対応をしているわけではないので、対応可能な業者を探して依頼をするとよいでしょう。手間も時間もかかるので、早めに依頼をしたほうがよいです。

 

出欠席の管理も依頼をすることが可能

 

同窓会の案内状を送付して、その返事が戻ってきたときに出欠席のチェックは大変です。手間もかかってしまうということがあるので、幹事代行会社に委託をしてしまうとよいでしょう。

名簿の作成もおこなってくれますし、幹事も楽しむことができるようにしてくれるので、スムーズに準備をすることもできます。出欠席などの手間のかかることは専門業者に委託をしてしまい、どんなイベントにするのか考えるのは幹事がおこなうという風に仕事を分担するのもよいでしょう。

そうすることによって大変で面倒だと感じることもなく、準備をすることができますし、当日を迎えることもできます。転居先不明者を追跡するにはお金もかかってしまいます。幹事がすべておこなう必要はありません。

必要に応じて業者を利用していくことによって、無駄を省くことができますし、不安に感じることがあったら事前に相談をしておく、ということもできるようになっています。

 

費用に関する不安を事前に取り除いておく

 

転居先不明者を追跡するオプションはどこの幹事代行会社でもおこなっていることではありません。対応をしているのかどうか、事前に調べておくとよいでしょう。オプションになるので費用もかかってしまいます。

まずはどれくらいの費用で対応できるのか、業者に見積もりを出してもらうとよいでしょう。幹事代行を利用すれば細々としたことを任せることができるので、準備も面倒だと感じることがなくなるかもしれません。

どこまで代行業者を利用するべきなのかよく考えるとよいです。おこなってもらう仕事の内容が減れば、当然費用も抑えることができますが、その分幹事がやるべき仕事の内容が増えてしまいます。

 

同窓会を開く際に困ってしまうのが、転居先不明者です。案内状を送付しても戻ってきてしまい、来てほしいのに通知すらできないということもあります。

幹事代行会社に依頼すれば、転居先不明者を追跡して案内状を出してもらうこともできます。加えて出欠席の管理まで任せられ準備にかかる労力も減らすことができます。

いろいろな専門業者があるので、どこに依頼をするべきなのか、ということを考えて対応をしてもらうとよいでしょう。

サイト内検索
記事一覧