東京周辺の方に口コミで評判!同窓会幹事代行サービス業者5選を運営依頼をおすすめしたい順に比較形式でご紹介!

ママになった同級生も参加しやすい!同窓会の幹事代行業者のベビーシッター派遣とは

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/12/23

学校を卒業すると、それぞれお互いの道に進みます。会社員になる人もいれば、自営業だったり、なかには結婚して家族を作ったりする人もいるでしょう。

そして同窓会というのは、全員が集まりやすい条件を整えることが大切になります。ここでは、小さいお子さんがいるママが参加しやすい同窓会の幹事代行業者の、ベビーシッター派遣について紹介します。

同窓会で大切なことは参加しやすい環境

同窓会を開催するうえで大切なことは、全員が参加できる環境を作るということです。高い出席率を目指すのであれば、まず参加しやすい環境を整えることを考えましょう。独身であれば集まりやすいですが、参加しにくいのが小さな子どもがいるママです。

子どもがいる場合、その子どもをどこに預けるのかというのは大きな問題です。誰も見てくれる人がいない場合、通常同窓会に子どもは連れていきづらいので、参加を諦めてしまうという女性が多くいます。子どもはじっと静かにしていられないので走り回ったら困るという不安や、せっかく連れていっても子どもの世話ばかりで仲間と話すことができないなどの悩みがつきません。

年齢を重ねると、子どもを持つ女性が増えていくので、女性の出席率が低下します。それではせっかくの同窓会も寂しいものになってしまいますが、結婚しても、出産しても、参加できる同窓会にすることで、昔の思い出を語り合える仲間に再会できるのではないでしょうか。

ベビーシッター派遣が便利で安心

同窓会の幹事代行業者には、ベビーシッター派遣というサービスがあります。このベビーシッター派遣というのは、幹事代行と同時にベビーシッターの派遣も依頼できるというものです。幹事代行とは別に、ベビーシッターを個別で依頼すると時間によってかなりのお金がかかりますし、特定の場所に来てもらえるベビーシッターが少ないことから利用者が少ないのが現状です。

しかし同窓会の代行と合わせて子どもを見てもらえる人の派遣を利用できるため、かかる費用を抑えることができるのです。子どもの世話を頼める環境であれば、子どもがいる女性も参加しやすいですし、何よりも目の届く範囲で子どもを見てくれるので安心です。

家族に預けられる人はよいですが、そのような環境の人ばかりではありません。どうしても子どもを連れていかないといけないという人にとって、そのような環境が整っていると安心して参加できるのです。女性の参加率が上がれば、より盛り上がる同窓会になることでしょう。

旧友に会える貴重な機会は大切にしよう!

同窓会は頻繁に行うものではないので、たくさんの旧友がそろうというのも非常に貴重な場です。せっかくの同窓会を少人数の参加で終わらせにためにも、普段会わない人が参加しやすいように環境作りをすることが大切です。

会社員であれば土曜日や日曜日の方が参加できますし、子どもがいるならベビーシッターがいた方が参加しやすくなります。それぞれの参加可能な曜日や時間、環境を整えることで、昔の仲間と再会し、楽しい時間を過ごすことができるのです。

しかし、社会人になると忙しくなり、同窓会の幹事をする人も少なくなります。日時や場所を決めたり、お店を予約したり、たくさんの仕事を担当しなければいけないので、時間的にも大きな負担になってしまうのです。

そこで便利なのが、同窓会の幹事代行業者です。希望を伝えればそれに合ったプランを作成してくれるので、時間や手間がかかりません。ベビーシッター派遣は子どもを持つ女性ならではの悩みに対応しているのでおすすめです。

 

学生の集まりと違い、同窓会は全員が参加しやすい環境を整える事が大切です。子どもがいる女性のためにベビーシッターを派遣しておくと、仲間と楽しい時間を過ごすなか安心できるので、女性の参加率が上がり、楽しい時間を過ごすことができます。

サイト内検索
記事一覧